看護師の職場の種類と違い

東京で転職活動をお考えの看護師の方へ

看護師の職場の種類と違い

『看護師は病院に勤務するもの』と思っている方はいらっしゃらないでしょうか?
確かに、総合病院や大学病院、個人病院などで働いている看護師は大勢います。
外来や入院病棟などで患者さんと接する機会が多いので、『看護師=病院』というイメージがあるのも無理のないことでしょう。
しかし、看護師の活躍の場は病院や診療所だけではありません。
介護施設やリハビリ施設、訪問看護ステーション、市町村役場、母子センター、学校の保健室、検診施設、あるいは企業の診療所やツアーナース、治験コーディネーターなどとして多くの看護師が働いています。
看護師の職場は、多岐に渡っているのです。

もちろん、働き方も一つではありません。
総合病院や大学病院に勤務すると、どうしてもつきものなのが夜勤です。
また、休みも不規則で少なく、拘束時間も長いため、その労働はとてもハード。
命に関わることから精神的重圧も大きく、人間関係も難しいため、ついていけずに辞める看護師が少なくありません。
また、若いころは良くても、結婚や出産をし、子育てをしながらこのような勤務をこなすのは難しくなります。
あるいは年齢を重ねて、体力が追い付かなくなることもあるでしょう。

『夜勤なしで働きたい』『自分の都合の良い時にだけ働きたい』『子供が小さいから、土日は休んで家族の時間を大切にしたい』
そんな方に向いているのが、病院や診療所以外の職場です。
職場によっては日勤のみ土日祝休みで働くことも十分可能ですし、勤務形態もパート、派遣、アルバイトと様々です。
『どこで就職先を探したらよいか分からない』『初めての転職で不安』という場合には、看護師専門の求人サイトを利用するとよいでしょう。
登録しておくと、条件に合った全国の求人情報が得られるほか、専任コンサルタントが履歴書や職務経歴書の書き方や、面接のポイントなどをアドバイスしてくれます。
また、求人サイトの得意分野や内容はそれぞれに違いますので、自分の希望と状況に合わせて合ったところを選ぶとよいでしょう。