東京の看護師の平均収入

東京で転職活動をお考えの看護師の方へ

東京の看護師の平均収入

一般的に、看護師の給料は高いことで知られています。
全国の看護師の平均収入は、年収470万円、月収33万円、ボーナス80~90万円で、同世代のサラリーマン男性の年収とほぼ同じです。
一般企業に勤めている女性と比べたら、はるかに高い金額です。
しかし、看護師の仕事は重労働で、条件も厳しく、『この仕事内容でこの金額では割に合わない』と仕事を辞めたり他の職場に転職したりする看護師も少なくありません。
では、東京の看護師の平均給与は、どれぐらいなのでしょうか?

東京で勤務する看護師の平均収入は、常勤の正看護師で月額34万8千円、年間523万円。
一方で全国で最も低い青森は、月額28万5千円、年間で428万円というデータが出ています。
最低賃金や物価の関係もありますから、実情に即してどちらが高いとは言い切れませんが、金額的に見れば年収で100万円もの差がついています。
しかし、これはあくまで平均値です。
夜勤や残業が多ければ当然収入は上がります。
また、精神科や心療内科、美容外科などの給料はほかより高いことで知られていますし、東京にはほかの地域では行っていない医療を提供する病院やクリニックがあるので、そのような病院で勤務をすれば、これ以上の収入を得ることも夢ではありません。

また、多くの看護師が勤務する東京で高収入を確保するには、自分自身のスキルを上げることが重要です。
看護師の給与には経験加算が少なく、『勤続年数が多ければ上がる』というものではありません。
看護師長や管理者クラスにならければ、同じ環境での収入アップはなかなか見込めないのが現状です。
しかし、働きながら資格の勉強をしたり、専門知識を磨いてその分野のスペシャリストになったりすれば、『自分にしかない』という強みを持つことができます。
年齢に関係なく収入アップにもつながりますし、再就職や転職先の幅も広がるでしょう。
専門スキルを磨いて、看護師として高収入を目指してみてはいかがでしょうか。