男性看護師が活躍する職場

東京で転職活動をお考えの看護師の方へ

男性看護師が活躍する職場

以前は『女性の仕事』というイメージが強かった看護師。
しかし今では男性看護師も増え、看護師学校の入学者の10%以上が男性であるとのデータも存在します。
まだ少ないとはいえ、看護師を目指している、あるいは将来看護師になりたいと思っている男性もいるのではないでしょうか。

男性看護師、というと、精神科や透析室に配属される、というイメージがあるかもしれません。
しかし現在は産婦人科以外のすべての科で男性看護師が活躍しています。
また、管理職として働く男性看護師も存在します。
『看護師は女性職場だから、男性はやりにくいのでは…』『看護師としては、女性の方が有利なのではないか』そう思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、男性看護師には男性ならではのメリットがたくさんあります。

男性看護師のメリットの一つが、夜勤をこなせることです。
男性は体力的にも優れ、また出産や育児で休職や退職することがありません。
そのため、安定して夜勤をすることができ、高収入が期待できます。
また、『女性には話しにくい』『男性に相談に乗ってもらいたい』という男性患者の話を聞くことができるのも、男性看護師の大きな利点です。
特に泌尿器科などでは、『女性には話しづらいことが気兼ねなく話せる』として、男性看護師が喜ばれているようです。
また、複雑な機械の操作を任せられたり、女性だけでは殺伐としがちな職場が、男性が入ることによって空気が和らぐという声も良く聞かれます。

ただ、年齢を重ねるにつれて、男性であってもどうしても体力は衰えていきます。
年を取ってから日常的に夜勤をこなすことは、楽ではありません。
長く看護師として勤めようと思うのなら、若いうちからキャリアプランをきちんと立て、管理職も視野に入れて一つの分野でスペシャリストを目指すのがお勧めです。
また、働きながら資格を取得するなどして、スキルを上げるのも良いでしょう。
着々と増えている男性看護師。
ぜひ、看護の分野で長く活躍してもらいたいものです。