失敗しない転職|面接時のポイント

東京で転職活動をお考えの看護師の方へ

失敗しない転職|面接時のポイント

看護師の転職の際に、重要となるのが面接です。
筆記試験などがない分、『看護師の転職は面接で決まる』と言っても過言ではありません。
では、面接で失敗しないためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

まず、面接にはぶっつけ本番で挑んではいけません。
自分の書いた履歴書や職務経歴書の内容を頭に入れておくほか、志望動機や、質問への回答もあらかじめ予測して考えておきましょう。
準備をしていけば落ち着いて面接に望めますし、急に質問されて慌てることもありません。

看護師の転職面接では、どのようなことを訊かれるのでしょうか?
面接によくある質問は、まず、『転職先をこの病院に決めた理由』です。
受ける病院の情報はあらかじめホームページやパンフレットなどで集め、スムーズに答えられるようにしておきましょう。
次に訊かれるのが、『この病院で何をやりたいか』です。
ただ漠然と夢や目標を語るのではなく、自分の経験や具体的な事例を挙げて話すと、説得力があります。
また、『なぜ転職を決意したのか』『なぜ前の病院を辞めたのか』も、良く聞かれる質問です。
『人間関係が嫌だった』『夜勤がきつかった』などのネガティブな理由は避け、『転職によってスキルアップできる』など、前向きな答え方をしましょう。
更に、『自分の看護感』は必ずと言っていいほど訊かれる質問です。
看護師を目指したきっかけや将来どのような看護師になりたいか、また、自分が看護師としてどのようなことを大事にしているかを、具体的なエピソードとともに話すとよいでしょう。
また、『今までどんな仕事や技術を学んだか』や、『心に残っているエピソード』を訊かれることもあります。
このような質問は自分の良さをアピールし、『自分がこの病院に勤めたらどんなメリットがあるか』を伝えるチャンスです。
自分らしさが分かる内容を、具体例や今後の目標を上げながら話すようにしましょう。

転職を成功させるためにも、面接にはしっかり準備して挑むことが大切です。
また、服装を整え、遅刻や忘れ物をしないことは当然のマナー。
万全の態勢で面接に臨みましょう。