失敗しない転職|成功のコツ

東京で転職活動をお考えの看護師の方へ

失敗しない転職|成功のコツ

現在看護師として勤務しており、『将来転職したい』あるいは、『今現在転職活動をしている』という方は、いらっしゃらないでしょうか?
看護師は重労働。
夜勤の多さや休日の少なさ、人間関係、精神的重圧などの理由から、仕事についていけず転職を考える看護師は少なからず存在します。
しかし、そのようにして転職した看護師の4割以上が、『転職して後悔している』と思ってるという結果があることは、無視できません。
今よりも好条件の職場に転職し、転職を成功させるにはどのようにしたらよいのでしょうか?

そのポイントの一つが、転職の時期です。
看護師の求人は年中ありますが、特に年度替わりの前である2~3月と、冬のボーナス前の10~11月、夏のボーナス前後の6~7月に多く出る傾向があります。
より多くの求人を得たいと思うのなら、転職活動を始めるのはこの時期を狙うのがお勧めと言えるでしょう。

また、転職活動を始めてから転職先が決まるまでの期間を、大体把握しておくのもポイントです。
一般的に看護師が求人を始めてから転職先が決定するのには、最低でも一か月ほど必要と言われています。
期間には余裕を持って、計画的な転職をすることが大切です。
また、スムーズな転職のためにも、退職の意は早めに今の職場に伝えておくようにしましょう。

さらに、転職した後に、『こんなはずじゃなかった』と後悔しないためにも、新しい職場の内情は良く調べておくことが必要です。
看護師の勤務条件は、働く場所によって大きく違います。
単に給与の金額や表面的な条件の良さだけで就職先を決めてしまうと、働き始めてから悔やむことにもなりかねません。
求人サイトなどを利用して詳しい職場の情報を得るほか、勤務する予定の病院などに実際に行ってみて、雰囲気を確かめるのもよいでしょう。
また、離職率がどれぐらいかはその病院が働きやすいかどうかの基準になりますので、確認しておくことが大切です。

せっかくの転職、是非とも成功させるようにしたいものです。